白い家のミニチュア

破産を考えている時に任意売却の自己判断するのは危険です

任意売却を考えるときは大体お金のことで困っている時や手元に資金が欲しい時だと思います。
なるべくコストをかけたくないからといって自分で書類を作って売却しようというのは危険です。
特に家族間、親族間、友人など関係性が少しでもある場合は任意売却専門の不動産会社へ相談しましょう。

なぜ危険かというと、例えば自己破産などで債権者がいる際に、自己所有の物件・土地などを任意売却を自分で行いお金の受け渡し、物件・土地などの受け渡しが完了していても詐害行為(債権者がいるにもかかわらず自己や第3者にとって有利な行為をする事)と判断されるとやり取りが無かったことになります。
詐害行為だとされた時に売却した物件・土地はそのままで手元にもお金がまだあればお互いに戻すだけで済むのですが、お金が無い場合でも契約自体が無効とされてしまいますので、お金を支払った相手側にも多大な迷惑をかける事になります。
特に関係性がある相手に売却する場合は適正な価格+αの金額を支払わなければ認められないことが多く価格の設定が難しいです。
また間に専門家が入る事で価格算出の根拠や契約書などのやり取りもスムーズにいく事が多いです。
売却相手が関係性の有る無しに関わらず任意売却専門の不動産会社へ相談しましょう。

任意売却で自己破産を回避!個人再生や任意整理で留められることも!

社会人生活において、一般人で最も高額な購入といえば住宅です。ほとんどの方が住宅ローンを契約して住宅を手に入れるものの、勤務先の業績悪化、自分自身や家族の病気、お子さんの進学で大きな変化が生じ、返済が苦しくなる可能性が誰にでもあります。一番高額な住宅ローンの返済が滞り、司法書士や弁護士、金融機関の担当者から自己破産しかないと言われた場合でも、任意売却専門の不動産会社へ相談することで個人再生や任…

More

破産を考えている時に任意売却の自己判断するのは危険です

任意売却を考えるときは大体お金のことで困っている時や手元に資金が欲しい時だと思います。なるべくコストをかけたくないからといって自分で書類を作って売却しようというのは危険です。特に家族間、親族間、友人など関係性が少しでもある場合は任意売却専門の不動産会社へ相談しましょう。なぜ危険かというと、例えば自己破産などで債権者がいる際に、自己所有の物件・土地などを任意売却…

More

任意売却に成功してもローンはチャラにならない

住宅ローンの返済が苦しくなったとき、任意で住宅を売却してローン整理にあてるのが任意売却と呼ばれる手続きです。任意売却には競売よりも高額で売却が成立する確率が高いためローン整理のめどがつきやすいというメリットがあります。注意しなければいけないのが、任意売却が成功したからといって住宅ローンがチャラになるわけではありません。任意売却はあくまでも通常の不動産取引と同じ条件で売買されるため、売…

More

任意売却専門の不動産会社を間に挟んで信頼性を確保する

滞った住宅ローンを返済するために不動産を売却する任意売却では、ローンが継続中の不動産物件を売却することになります。売却する側としては不動産が売れてくれれば問題を抱えた住宅ローンを整理できるというメリットがありますが、買い手側からすると任意売却物件の購入にはリスクがつきまといます。任意売却の物件は通常の物件とは違いローンが継続中の物件です。一般的な不動産ローンでは購入対象の不動産に抵当…

More

TOP