白い家のミニチュア

任意売却に成功してもローンはチャラにならない

住宅ローンの返済が苦しくなったとき、任意で住宅を売却してローン整理にあてるのが任意売却と呼ばれる手続きです。任意売却には競売よりも高額で売却が成立する確率が高いためローン整理のめどがつきやすいというメリットがあります。
注意しなければいけないのが、任意売却が成功したからといって住宅ローンがチャラになるわけではありません。任意売却はあくまでも通常の不動産取引と同じ条件で売買されるため、売却価格がローン残高よりも低ければ差額分は負債として返済義務が残ります。3千万円のローンが残る住宅が任意売却で2千万円で売れた場合は差額の1千万円分に関しては引き続き返済義務が残ります。
任意売却でローン残額がどの程度になるかは住宅の条件や不動産市場の景気動向によって決まります。購入してから日が浅く新築同様の状態なら購入価格に近い条件で売却できる可能性がありますが、購入から数十年が経過していれば建物部分がほとんど評価されず土地代相当で占いと成立は難しくなります。
売却後に残るローンを少しでも減らしたいのなら任意売却専門の不動産会社へ相談しましょう。専門業者はローン残高を考慮して任意売却の価格を設定します。独自の売却ルートなどを駆使して買い手を探してくれるので、専門業者に任せたほうが売却後に残る負債額を減らせます。

任意売却で自己破産を回避!個人再生や任意整理で留められることも!

社会人生活において、一般人で最も高額な購入といえば住宅です。ほとんどの方が住宅ローンを契約して住宅を手に入れるものの、勤務先の業績悪化、自分自身や家族の病気、お子さんの進学で大きな変化が生じ、返済が苦しくなる可能性が誰にでもあります。一番高額な住宅ローンの返済が滞り、司法書士や弁護士、金融機関の担当者から自己破産しかないと言われた場合でも、任意売却専門の不動産会社へ相談することで個人再生や任…

More

破産を考えている時に任意売却の自己判断するのは危険です

任意売却を考えるときは大体お金のことで困っている時や手元に資金が欲しい時だと思います。なるべくコストをかけたくないからといって自分で書類を作って売却しようというのは危険です。特に家族間、親族間、友人など関係性が少しでもある場合は任意売却専門の不動産会社へ相談しましょう。なぜ危険かというと、例えば自己破産などで債権者がいる際に、自己所有の物件・土地などを任意売却…

More

任意売却に成功してもローンはチャラにならない

住宅ローンの返済が苦しくなったとき、任意で住宅を売却してローン整理にあてるのが任意売却と呼ばれる手続きです。任意売却には競売よりも高額で売却が成立する確率が高いためローン整理のめどがつきやすいというメリットがあります。注意しなければいけないのが、任意売却が成功したからといって住宅ローンがチャラになるわけではありません。任意売却はあくまでも通常の不動産取引と同じ条件で売買されるため、売…

More

任意売却専門の不動産会社を間に挟んで信頼性を確保する

滞った住宅ローンを返済するために不動産を売却する任意売却では、ローンが継続中の不動産物件を売却することになります。売却する側としては不動産が売れてくれれば問題を抱えた住宅ローンを整理できるというメリットがありますが、買い手側からすると任意売却物件の購入にはリスクがつきまといます。任意売却の物件は通常の物件とは違いローンが継続中の物件です。一般的な不動産ローンでは購入対象の不動産に抵当…

More

TOP